忍者ブログ リンク用バナー→ 当サイト掲示板→
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018年09月26日02:54 】 |
1日1局
毎日このペースが続けばいいなぁと思います。
1局限定だから、すごい気合は入るし、見直しもじっくり
やっちゃいます。

めずらしく3連勝中~☆ミ
しかし、急戦が傾向として良いかどうか…
また持久戦もやらないと、と思いつつ。

ハンゲーム
PR
【2008年02月20日00:07 】 | 将棋 | コメント(8)
<<目標達成 | ホーム |急戦ひねり飛車>>
コメント
うわあ
手筋使いこなしてますねえ。
最終盤、拠点を清算してしまったのがちょっと惜しいですが
最後金を上ずらせて飛車打ちも綺麗な寄せです。私より強いですにゃ。

24の14級は、アマ中級位くらいの実力があります。
24最大の壁です。でもこのまま頑張ればあと少しかも。
【2008年02月20日 22:07】| | どけちてんちょ #9b2a776862 [ 編集 ]
ども~
てんちょさん、コメどもです~

拠点って、相手にとっては払えないから効果あるんですよねー。それをスッキリは、やはりダメですよねぇw

3一飛のあと、4四歩の対応されたら…今、そこで悩んでます^^;
【2008年02月22日 01:28】| | ウサみみ #9b113e26ed [ 編集 ]
スキあらば急襲!
また完勝ですね~!(^^)


30手目は△8五歩▲同飛△7三桂▲8六飛△8五歩という受けがありましたが、

それでも▲8四の歩が拠点に残って良さそうですね。

△7二飛が悪手だったのかな?


チャンスがあればドンドン仕掛けて、終盤を鍛えればいいと思いますよ。

敵にスキがないと、イヤでも持久戦になりますから。(お茶入れなきゃ・・・)


63手目▲3一飛に△4四歩ですか?

後手の狙いは△4三玉からの脱出でしょうかね。(考えたな!)

それなら△4三玉と行けなくすればいいわけですよね。

さて、正解は? (・・ )ウ~ム


それかもちろん詰みを読み切れれば問題なしですが、

実戦ではあわてそうですね。(^^;
【2008年02月22日 02:07】| | UN #9902fd31b2 [ 編集 ]
ども~
UNさん、コメどもです~。
△7二飛がなんか変でしたね。

本格的なひねり飛車にはしてませんが(石田流みたいな形)こんなカンジを試して、良いとこ、悪いとこ見てみようと思います。

△4四歩には、▲4一飛車成り△同玉▲4三金とかやりそうですが、ひたすら粘られると長引きそうですか…

【2008年02月22日 22:16】| | ウサみみ #9b12ddbea2 [ 編集 ]
駒台がヒント
あっ、いや、もっと単純に考えましょう。


飛車をタダであげるなんて・・・(もったいない!)


盤上の駒の配置を変えずに、ただ△4三玉を防げば、

△4四歩を指されてないのと同じことですよね。


ウサみみさんが考えていた寄せを、そのまま使えるわけです。(リサイクル!)


さて、後手の狙いである△4三玉の脱出を阻止する手は(・・? え~っと


実は、いきなり9手詰もありますが、

プロを目指す場合を除き無理する必要はないでしょう。
【2008年02月23日 00:32】| | UN #9902fd31b2 [ 編集 ]
上から抑える?
UNさん、ども~。
リサイクルですかー、ふむふむ。

▲5五桂でよいんでしょうか?
これで防げるかなぁ(^^
【2008年02月23日 00:54】| | ウサみみ #9b12ddbea2 [ 編集 ]
ご名答~! (^^)b
△4四歩への対応としては▲5五桂でいいと思います。

△4三玉と逃げる後手の狙いを阻止できました。(^^)


ただし、もともと▲3一飛に△3一同玉と取られると、

ウサみみさん読み筋の▲5一竜△4一桂▲4二金では、

△2二玉で詰みはありません。(あらっ)


「王手は追う手」になって△1四歩~△1三玉などと逃げられないように、

詰めろも含めながら寄せていく必要があります。(まっ、大丈夫ですけど)

【2008年02月23日 15:58】| | UN #9902fd31b2 [ 編集 ]
こんばんわ~
UNさん、いつもご指摘ありがとうございます(^^

なるほどー、△1四歩とされるとまた何かしら考えないといけないですねぇ…

作戦自体は、ムリ筋な部分もあると思いますが、こうして対局中に、終盤を考え、対局後、検討するってのがとても実になってる気がします(^^
【2008年02月24日 22:56】| | ウサみみ #2abf183e6d [ 編集 ]
コメントの投稿













前ページ| ホーム |次ページ

忍者ブログ [PR]